顔の分析・合成の研究

1987年の森島研誕生以来、脈々と進められてきた顔研究を行っています。知的画像符号化の研究に起源を発し、”Future Cast System(FCS)”や”Dive Into the Movie(DIM)”を世に送り出してきたのもこのプロジェクトチームが母体です。顔の表情の分析・合成、リップシンク、経年変化シミュレーション、特徴ある個性の表現、眼球の動きシミュレーションなど、顔に関わる幅広いテーマにチャレンジし続けています。

パッチベース顔表情合成およびフォトリアル口内アニメーション

パッチベース顔表情合成およびフォトリアル口内アニメーション [child_portfolios width=”33%”]

FOCUSING PATCH:Automatic Photorealistic Deblurring for Facial Images by Patch-based Color Transfer [MMM2015]

FOCUSING PATCH:Automatic Photorealistic Deblurring for Facial Images by Patch-based Color Transfer [MMM2015]

頭蓋骨形状に基づいた顔の肥痩シミュレーション

藤崎匡裕, 桑原大樹, 溝川あい, 中村太郎, 前島謙宣, 山下隆義, 森島繁生, ”頭蓋骨形状に基づいた顔の肥痩シミュレーション“, Visual Computing  /  グラフィクスと CAD 合同シンポジウム […]

正面口内画像群からのリアルな三次元口内アニメーションの自動生成

川井正英, 岩尾知頼, 前島謙宣, 森島繁生, ”正面口内画像群からのリアルな三次元口内アニメーションの自動生成“, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2014, Oral, […]