ノンフォトリアリスティックアニメーション・レンダリングの研究

アニメは日本の宝です。世界中で日本のアニメ作品は絶大な人気を誇っています。その人の心を掴んで離さない要因は何なのでしょう。おそらくスキルを持つアーティストが感性で描く独自の世界観だと思います。時に3D的に矛盾する内容を含み、キャラクタ固有の個性ある表現を実現しています。このプロジェクトの目的は、そのようなアーティストのスキルを定量的に表現し、その作風やスキルを別の作品にもリターゲットし、同様に感動を生む映像を効率的に制作することを支援することです。いわば、プロのアニメーターにも有効なサポート手段を提供できる演出可能(ディレクタブル)なコンテンツクリエーションツールの開発を目標にしています。

物理現象を考慮した映像シーンへの擬音語自動付加の研究

福里 司, 森島繁生, ”物理現象を考慮した映像シーンへの擬音語自動付加の研究“, Visual Computing  /  グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2014, Oral, Tokyo, 2014.6. […]

2枚の手描き顔画像を用いたキャラクタ顔回転シーン自動生成

古澤知英, 福里司, 岡田成美, 平井辰典, 森島繁生, ”2枚の手描き顔画像を用いたキャラクタ顔回転シーン自動生成“, Visual Computing  /  グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2014, ポ […]

Interactive shadowing for 2D Anime

Eiji Sugisaki, Hock Soon Seah, Feng Tian, Shigeo Morishima, “Interactive shadowing for 2D Anime”, A Journal of […]