顔の分析・合成の研究

1987年の森島研誕生以来、脈々と進められてきた顔研究を行っています。知的画像符号化の研究に起源を発し、”Future Cast System(FCS)”や”Dive Into the Movie(DIM)”を世に送り出してきたのもこのプロジェクトチームが母体です。顔の表情の分析・合成、リップシンク、経年変化シミュレーション、特徴ある個性の表現、眼球の動きシミュレーションなど、顔に関わる幅広いテーマにチャレンジし続けています。

注視点に基づく視線の分析と制御

注視点に基づく視線の分析と制御 [child_portfolios width=”33%”]

確率モデルに基づく対話時の眼球運動の分析及び合成

岩尾知頼, 三間大輔, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ”確率モデルに基づく対話時の眼球運動の分析及び合成”, 画像電子学会誌, Vol42, No.5, pp.661-670, 2013.9

A Visumotor Coordination Model for Obstacle Recognition

Tomoyori Iwao, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima,”A Visumotor Coordination Model for Obstacle R […]