映像・音楽コンテンツの創作・鑑賞支援の研究

Youtubeやニコニコ動画などをはじめ、Web上には無限の数の映像・音楽コンテンツが溢れています。自分が手に入れたい、もしくは鑑賞したい映像・音楽コンテンツを素早く効率よく見つけ出すことは、技術課題として重要です。また、最近CGM(Consumer Generated Media)が盛んになり、一般の人が自らコンテンツを創作してWeb上に作品を公開するという文化が芽生えつつあります。よって、そのような一般ユーザ向けのコンテンツ制作支援ツールのニーズはどんどん増えるものと予想されます。本プロジェクトは、このようなコンテンツ創作・鑑賞の環境の劇的な変化を踏まえ、新しい技術によって、それらを強力にサポートすることを目的とします。

音学シンポジウム2015 第107回情報処理学会音楽情報科学研究発表会@電気通信大学

1件のポスター発表を行います。 Title: 音声と映像の変化に注目したフレーム間引きによる動画要約手法

ラケットスポーツのラリーシーンに着目した映像要約と効率的鑑賞インタフェース

河村俊哉, 福里司, 平井辰典, 森島繁生, ” ラケットスポーツのラリーシーンに着目した映像要約と効率的鑑賞インタフェース“, Visual Computing  /  グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 201 […]