佐藤優伍、加藤卓哉、野澤直樹、森島繁生

顔の変化による眠そうな顔の認知

フォーラム顔学2016

http://www.jface.jp/forum2016/index.html

一般に我々は、他人の顔を見ることで,眠気を知覚することができる.眠気の知覚に関する代表的な研究として,運転手の眠気を顔画像より検出する手法が提案されている.しかし既存特徴量では,眠気発生による大域的な顔特徴変化が考慮されていない.また,眠気の知覚に対する各特徴量の有効性も考慮されていないため,眠気検出に有効でない特徴量が含まれている可能性がある.そこで本手法では,既存特徴量に加え、眠気発生による大域的な顔特徴変化として,「顔形状の歪み度合」を計算し,新たな特徴量とする.また,眠気検出における各特徴量の有効性を推定するために,評定者の眠気認知との相関係数を計算する.