業績

◆原著論文

  1. 槇原 靖,村松 大吾,岩間 晴之,八木 康史, “歩容鑑定”, 画像ラボ2013年11月号 (2013.11) (to appeared)
  2. 槇原靖, 岩間晴之, 村松大吾, 八木康史, “歩容鑑定システム”, O plus E, Vol. 35, No. 6 (2013.5)
  3. H. Iwama, M. Okumura, Y. Makihara, and Y. Yagi, ”The OU-ISIR Gait Database Comprising the Large Population Dataset and Performance Evaluation of Gait Recognition”, IEEE Trans. on Information Forensics and Security(2012.10)
  4. Haruyuki Iwama, Yasushi Makihara, Yasushi Yagi,”Group Context-aware Person Identification in Video Sequences”,IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 4, pp. 87-99(2012.7)
  5. 大池 洋史、岡 藍子、和田 俊和,”劣化に対して頑健な画像間相違度”, 画像ラボ(Vol.23, No.7) (2012.7)
  6. 松田 龍英, 原 朋也, 前島 謙宣, 森島繁生, ”顔形状の制約を付加したLinear Predictorsに基づく特徴点自動検出”, 電子情報通信学会論文誌D,vol.J95-D,no.8,pp1530-1540(2012.6)
  7. 岡 藍子,和田俊和,”欠損による劣化に対して頑健な画像間相違度に関する研究”,電子情報通信学会論文誌D(2011.8)

◆Proceedings 国外誌

  1. Daigo Muramatsu, Yasushi Makihara, Yasushi Yagi, “View Transformation-based Cross-View Gait Recognition Using Transformation Consistency Measure”, 2nd International Workshop on Biometrics and Forensics (2014.3)
  2. M. Iwamura, T. Sato and K. Kise, “What Is the Most Efficient Way to Select Nearest Neighbor Candidates for Fast Approximate Nearest Neighbor Search?”, Proc. 14th International Conference on Computer Vision (ICCV 2013), pp. 3535-3542, (2013.12)
  3. Y. Makihara, “(Invited talk) Towards Robust Gait Recognition”, The 2nd Asian Conf. on Pattern Recognition (2013.11)
  4. D. Muramatsu, Y. Makihara, H. Iwama, T. Tanoue, Y. Yagi, “Gait Verification System for Supporting Criminal Investigation”, The 2nd Asian Conf. on Pattern Recognition (2013.11)
  5. A. Maejima, A. Mizokawa, D. Kuwahara, S. Morishima, “Facial Aging Simulator Based on Patch-based Facial Texture Reconstruction”, The 2nd Asian Conf. on Pattern Recognition (2013.11)
  6. A. Maejima, A. Mizokawa, D. Kuwahara, S. Morishima, “Aging Simulation by Patch-based Texture Synthesis with Statistical Wrinkle Aging Pattern Model”, Mathematical Progress in Expressive Image Synthesis(MEIS2013)(2013.10)
  7. D. Muramatsu, Y. Makihara, H. Iwama, and Y. Yagi, “Multi-view Multi-modal Person Authentication from a Single Walking Image Sequence”, To be appeared in The 6th IAPR Int. Conf. on Biometrics (ICB 2013), (2013.6)
  8. Y. Makihara, D. Muramatsu, H. Iwama, and Y. Yagi, “On Combining Gait Features”, To be appeared in The 10th IEEE Conf. on Automatic Face and Gesture Recognition (FG 2013), (2013.4)
  9. Al Mansur, Yasushi Makihara, and Yasushi Yagi, ”View-invariant Gait Recognition from Low Frame-rate Videos”, The 21th Int. Conf. on Pattern Recognition (2012.11)
  10. Ryo Kawai, Yasushi Makihara, Chunsheng Hua, Haruyuki Iwama, Yasushi Yagi, ”Person Re-identification using View-dependent Score-level Fusion of Gait and Color Features”, The 21th Int. Conf. on Pattern Recognition(2012.11)
  11. D. Muramatsu, A. Shiraishi, Y. Makihara, and Y. Yagi, ”Arbitrary View Transformation Model for Gait Person Authentication”, IEEE 5th Int. Conf. on Biometrics: Theory, Applications and Systems(2012.9)
  12. H. Iwama, D. Muramatsu, Y. Makihara, and Y. Yagi, ”Gait-based Person-Verification System for Forensics”, IEEE 5th Int. Conf. on Biometrics: Theory, Applications and Systems(2012.9)
  13. Naoki Akae, Al Mansur, Yasushi Makihara and Yasushi Yagi,”Video from Nearly Still: an Application to Low Frame-rate Gait Recognition”,CVPR2012(2012.6)
  14. Naoki Akae, Yasushi Makihara, Yasushi Yagi, “Gait Recognition using Periodic Temporal Super Resolution for Low Frame-rate Videos”,IJCB2011 (2011.10)
  15. Yasushi Makihara, Md. Altab Hossain, Daigo Muramatsu, Yasushi Yagi, “Score-level Fusion based on the Direct Estimation of the Bayes Error Gradient Distribution”,IJCB2011(2011.10)

◆Proceedings 国内誌(国内英文誌を含む)

  1. 奥村麻由, 渡辺友樹, 関晃仁, 岡田隆三, “オンライン学習を用いたカメラの設置環境の違いに頑健な人物検出”, 2013年映像情報メディア学会年次大会 (2013.9)
  2. 前島 謙宣, 溝川 あい, 桑原 大樹, 森島 繁生, “皺エイジングパターンモデルと年齢別パッチを用いた画像再構成に基づく経年変化顔シミュレーション”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013) (2013.7)
  3. 松田 龍英,前島 謙宣,森島 繁生, “時間連続性を考慮した線形回帰に基づく表情変化に対する特徴点追跡”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013) (2013.7)
  4. 桑原 大樹,松田 龍英,前島 謙宣,森島 繁生, “SFMと照度差ステレオを組み合わせた詳細な3次元顔形状推定”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013) (2013.8)
  5. 渡辺 顕司,和田 俊和, “特徴量補正のためのL1正則化項を導入した制約条件付き線形回帰の提案”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013) (2013.8)
  6. 溝川あい,中井宏紀,前島謙宣,森島繁生, “皺特徴の簡易的付加による加齢変化顔の合成 ”, Visual Computing/グラフィックスとCAD合同シンポジウム 2013 (2013.6)
  7. 中井 宏紀, 松田 龍英, 田副 佑典, 前島 謙宣, 森島繁生, ”肌の質感のパワースペクトラム操作に基づく年齢変化顔合成”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2012)(2012.8)
  8. 原 朋也, 久保 尋之, 前島 謙宣, 森島 繁生, ”Structure-from-Motionと事前知識を併用した動画像からの3次元顔モデル高速自動生成”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2012)(2012.8)
  9. 田副 佑典, 郷原 裕明, 前島 謙宣, 森島繁生, ”形状変形モデルと年齢データベースに基づくテクスチャパッチタイリングによる顔経年変化シミュレーション”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2012)(2012.8)
  10. 郷原 裕明, 川井 正英, 松田 龍英, 前島 謙宣, 森島 繁生, ”パッチタイリングを用いた顔画像復元に基づく正面顔画像からの顔形状推定”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2012)(2012.8)
  11. 槇原 靖, 赤江 直樹, アルモンスール, 八木 康史 , ”1fps歩容認証”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2012),(2012.8)
  12. 原 朋也, 久保 尋之, 前島 謙宣, 森島繁生, ”事前知識とStructure-from-Motionを併用した1台のビデオ画像からの3次元顔モデル高速自動生成手法”, Visual Computing/グラフィックスとCAD合同シンポジウム 2012 (2012.6)
  13. 田副 佑典, 郷原 裕明, 前島 謙宣, 森島繁生, ”形状変形とパッチタイリングに基づくテクスチャ変換による年齢変化顔シミュレーション”, Visual Computing/グラフィックスとCAD合同シンポジウム 2012 (2012.6)
  14. 郷原 裕明, 川井 正英, 松田 龍英, 前島 謙宣, 森島 繁生, ”パッチタイリング手法による正面顔画像と両目位置情報からの顔3次元形状推定”, Visual Computing/グラフィックスとCAD合同シンポジウム 2012 (2012.6)
  15. 原田健希,田副佑典,前島謙宣,森島繁生,”特徴量の経年変化解析に基づく個人識別手法の検討”, 第14回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2011),(2011)
  16. 岩村雅一,武藤 大志,黄瀬 浩一, “データの重複登録に基づく高速・省メモリな近似最近傍探索”, 第14回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2011),(2011)
  17. 岡藍子,和田俊和, “劣化の影響を受けにくい画像間相違度に関する研究”, 第14回画像の認識・理解シンポジウム論文集(MIRU2010), (2010).

◆国内発表

  1. 八木康史,槇原靖, 村松大吾, “[招待講演]歩行映像解析”, 電子情報通信学会 バイオメトリクス8月研究会 (2013.8)
  2. 村松 大吾, 槇原 靖, 八木 康史, “任意視点変換モデルを用いた歩容認証における変換視点の考察”, 電子情報通信学会 バイオメトリクス8月研究会 (2013.8)
  3. 中井宏紀,平井辰典,前島謙宣,森島繁生, ”顔器官の輪郭情報を用いた経年変化にロバストな認証システムの一検討”, 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア3月研究会(情報処理学会研究報告) Vol.2013-CVIM-186 No.30, pp. 1–6 (2013.3)
  4. 溝川あい,中井宏紀,前島謙宣,森島繁生, ”ユーザの簡易的操作によるインタラクティブな加齢変化顔合成”, 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア3月研究会(情報処理学会研究報告) Vol.2013-CVIM-186 No.29, pp. 1–5 (2013.3)
  5. 前島謙宣,溝川あい,松田龍英,森島繁生, ”年齢別パッチを用いた画像再構成による経年変化顔画像合成”, 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア3月研究会(情報処理学会研究報告) Vol.2013-CVIM-186 No.28, pp. 1–6 (2013.3)
  6. 内海ゆづ子, 坂野悠司, 前川敬介, 岩村雅一, 黄瀬浩一, ”局所特徴量と近似最近傍探索を用いた大規模データベースに対する高速顔認識”, 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア3月研究会(情報処理学会研究報告) Vol.2013-CVIM-186 No.4, pp. 1–7 (2013.3)
  7. 佐藤 智一, 岩村 雅一, 黄瀬 浩一, “空間インデクシングに基づく距離推定を用いた高速かつ省メモリな近似近似最近傍探索”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.441, PRMU2012-142, pp.73-78, (2013.2)
  8. 大池洋史,岸 和芳,和田俊和, ”HDDを用いた省メモリK-meansクラスタリング”, PRMU(2013.2)
  9. 大谷洋平,大池洋史,和田俊和, ”距離計算を行わない近似最近傍探索アルゴリズム: Grafting Trees”, PRMU(2013.2)
  10. 福井崇之,和田俊和,大池洋史,坂田 惇, ”人物顔画像の階層的クラスタリングと共通局所特徴量抽出の同時実行による顔モデル生成”, PRMU(2013.1)
  11. 湯浅圭太,和田俊和,大池洋史,坂田 惇, ”Diverse Densityに基づく画像データ検索用キーポイント抽出法について”, PRMU(2013.1)
  12. 森 敦,和田俊和,大池洋史, ”画素識別と回帰計算に基づく近赤外線顔画像のカラー化手法”, PRMU(2013.1)
  13. 槇原 靖,モハマド アルタブ ホサイン,村松 大吾,岩間 晴之,チュン タン ゴ,八木 康史, ”ドロネー三角形分割を用いた確率密度推定に基づくスコアレベル統合”, 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア9月研究会(情報処理学会研究報告)(2012.9)
  14. 前川敬介,内海ゆづ子,岩村雅一,黄瀬浩一,”100万顔画像データベースに対する34msでの照合の実現 ~ 近似最近傍探索を用いた大規模高速顔画像検索 ~”,PRMU(2011.11)
  15. 佐藤智一,岩村雅一,黄瀬 浩一, “概算距離の精度向上による近似最近傍探索の高速化”, PRMU(2011.9)
  16. 岩村雅一,武藤 大志,黄瀬 浩一, “近似最近傍探索におけるデータの重複登録”, PRMU(2011.6)
  17. 向井祐一郎、大池洋史、和田俊和, “ビジョンアルゴリズムとノルムの選定に関するー考察”, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), (2011).

◆賞