技術的内容

テーマ設定 8(1)

P1)については、技術開発要素として、顔向き変化に対応した顔検出・正規化、劣化画像からの顔認
証、1000 万画像/秒高速検索の3主要要素の研究開発を行う。

テーマ設定8(2)

P2)については、防犯カメラ画像への適用を想定した場合、人物と防犯カメラ間の相対位置姿勢関
係は様々のため、映し出される人物像も、顔が視認できない場合(全身像で数十画素)から上半身
のみの画像まで多種多様である。これらの多様さに対応するために顔や体型といったスケールの異
なる静的特徴に、歩き方独特の動き特徴を加えたマルチモーダル歩行特徴像から人物照合を行うシス
テムを構築する。さらに、カメラ渡りを含む人物検出・追跡による人物スクリーニング、人物データ
ベース化技術を開発する。
P3)については、チャレンジ課題として、昔の顔写真から現在の顔を推定する経年変化顔シミュレー
ターを開発する。さらに、 1fps で撮影された歩行画像に対しても、超解像処理が可能なシステムを
開発する