実施体制

大阪大学を責任機関として全体取りまとめを行いつつ、各項目の担当は以下の通りである。さらに、芦屋市教育委員会が協力機関として参画し、実証試験への協力を行う。

P1:和歌山大学(とりまとめ、劣化画像)、大阪府立大学(高速検索)、東芝(顔検出)

P2:東芝(とりまとめ、人物検出・追跡)、大阪大学(人物認証、人物検出・追跡、カメラ校正)、科学警察研究所(カメラ校正)

P3:早稲田大学(とりまとめ、経年変化)、科学警察研究所(超画像)、大阪大学(超画像)